忘年会や会社の飲み会に付き合い、ついつい飲み過ぎてしまうという方もいますよね。
翌日も仕事なのに、二日酔いが辛すぎてなかなか起き上がれないという方もいるのではないでしょうか。

梅干しは二日酔いに効果的

そんな方に、おすすめなのが梅干しを食べて二日酔い予防をすることです。
確かに、梅干しは体にいいとテレビや雑誌で紹介されていますよね。

でも、本当に効果があるのか分からないと考えている方もいるはずです。
まず、二日酔いになりますと吐き気に襲われますよね。

その原因は、お酒を飲み過ぎてしまったためにアルコールを分解してくれる肝臓が悲鳴を上げている状態です。
アルコールは肝臓の働きによって、アセトアルデヒドと呼ばれる物質に分解されます。

本来の健康な状態であれば、最後は無害な水となって体内に排出されます。
しかし、アルコールを飲み過ぎてしましますと肝臓の処理が追いつかなくなりアセトアルデヒドが体内に残されてしまいます。

このアセトアルデヒドは体内にとって有害なものですので、吐き気や頭痛を起こしてしまう原因になります。
そこで、胃腸の粘膜を保護してくれる梅干しが非常に効果的に働いてくれます。

アルコールは胃腸から吸収されて肝臓に向かいます。胃を保護する力を高めることによって、肝臓への負担を減らしてくれます。
会社の付き合いなどで事前に大量にお酒を飲むと知っている場合には、梅干しを食べることによってアルコールの刺激から体を守ってくれます。

梅干しのお茶漬けを食べよう

万が一、食べるのを忘れて二日酔いになったしまった時でもアルコールによって荒れてしまった胃の修復を手伝ってくれますので、ご飯に梅干しをのせてお茶漬け風にして食べることがおすすめです。

二日酔いの回復を高めてくれる効果がありますので、ついついお酒を飲んでしまうとテンションが高くなった飲み過ぎてしまうという方は積極的に食べましょう。

特に飲み会のあった次の日に仕事がある方は、気分を落ち着かせて会社に行きたいものですよね。
翌日の疲れを次の日まで持ち込んでしまうと、体がだるくてやる気がおきなくなってしまいます。

ストレスが溜まってしまったりお酒が好きなかたは、リフレッシュのために飲んでいる方もいますよね。
気分転換にお酒を飲むことには問題ありませんが、飲み過ぎには注意が必要です。

体のことを考えて、たまには肝臓を休めるためにもアルコールを控えることも必要です。
お酒と上手く付き合っていくためも、自己管理をすることは大切です。