お酒を飲み過ぎてしまうことで、二日酔いになった経験があるという方も多いのではないでしょうか?
しっかりと考えて飲めばよいのですが、その場の雰囲気や上司がいる手前、断ることができないなど様々な理由によって、飲み過ぎてしまうことがあります。

しかし、二日酔いのままでは、仕事にも悪影響を及ぼしてしまいますので、ここでは二日酔いの時に食べた方がいい食べ物をお伝えしていきます。

梅干しで肝機能を活性化

昔から効果的と言われている食べ物がありますが、それは梅干しになります。
梅干しにはピクリン酸と呼ばれる成分が含まれていて、このピクリン酸によって肝機能を活性化、そしてもう一つの成分であるクエン酸も疲労回復を促してくれますので、体のだるさを解消してくれる効果があります。

蜂蜜と柿はアルコールを分解

蜂蜜も効果的で、蜂蜜にはアルコールを分解する効果があり、果糖も含まれている為、アセトアルべヒドの発生を抑える効果があります。
また果糖は非常に豊富に含まれている為、スプーン1杯程度の少量であっても効果が期待できるほど高い効果を持っています。

柿には渋みの素となっている成分のタンニンが豊富に含まれています。
このタンニンはアルコールの分解を早める働きがあります。

また柿に含まれているカタラーゼと呼ばれる成分がアセトアルデヒドの分解も行ってくれますので、二日酔いにはとても良い食べ物になります。

ニンニクも効果的

ニンニクに含まれている成分はアリシンという成分になりますが、これはビタミンB1と結合する性質を持っていて、アリチアミンという物質に変化します。
このアリチアミンが代謝を上げてくれますので効果的になります。

そしてニンニクにはビタミンB1も含まれていますので、ニンニクだけでも効果を得ることができます。

ニンニク卵黄も効果的で、メチオニンと呼ばれる成分によって、肝臓の分解機能を高めてくれて、絶大な効果を発揮してくれます。また血中のコレステロールを正常にする効果もありますので非常効果的な食べ物になります。

しじみは有名

しじみも肝臓に良いことは良く知られていますが、これはアミノ酸が豊富に含まれている為で、このアミノ酸の効果によって二日酔いにも効果があると古くから言われています。
例えばアルコールの代謝を促してくれるアラニンやグルタミンといった成分や、肝臓の機能を全体的に高めてくれるメチオニン、胆汁の分泌を促すタウリンなど、これらの成分すべてがアミノ酸になります。

このように様々な食べ物が効果的ですが、基本的にはお酒を飲み過ぎないようにして、自分のペースで飲むことが重要となりますので、飲み過ぎには注意しましょう。