アルコールが分解される時に水分を消費

お酒には利尿作用があるため、飲み過ぎると脱水症状を引き起こします。
ビールは飲んだ量だけの水分を排出させ、ワインは飲んだ量以上の水分を失ってしまいます。

アルコールは体内で分解されるとアセトアルデヒドになり、その毒性によって尿と一緒に排出しようと働きます。
アルコールを分解する酵素は2種類あり、どちらも脱水素酵素なので水分をほとんど必要としません。

しかし分解されると大量の水分が必要とされるので、二日酔いの時は注意しなければなりません。
二日酔いとはまだ体内にアルコールが残っている状態です。

いつも通りの体調に戻すためにはアルコールを分解することが必須なので、具合が悪いと感じている最中にも水分が奪われ続けています。

二日酔いの吐き気は水分不足が原因

二日酔いで吐き気がある場合は、脱水が原因と考えられます。

尿にはナトリウムやカリウムといった電解質が含まれており、本来は一定量に調整されています。
しかし尿の量が多すぎると電解質を維持することができなくなり、血液中の水分バランスまで変わり消化器系で血流不足が起こることで、吐き気を催します。

二日酔いの不快な症状を改善するためには、脱水を改善することが重要なので、吐き気があっても水分補給はしっかりと行います。
吐いてしまっても食道に付着した消化液を水で洗い流すことができるので、こまめな水分補給は欠かせません。

味噌汁やスポーツドリンク、野菜ジュースが効果的

水は常温や白湯にすることで、小腸の収縮を抑え腹痛を予防します。
味噌汁は塩分も補給できるのでより効果的です。

味噌汁は食事のついでに飲むことができますが、食欲不振になると味噌汁さえ作らなくなる人もいます。
その場合はスポーツドリンクでナトリウムと水分を補給します。

またアルコールを分解するのに糖分も消費するので、トマトジュースなど果実や野菜を使った飲み物を選ぶのもおすすめです。

スポーツドリンクや果物や野菜のジュースにはカリウムも含まれており、体内に残ったアルコールの排出を促進できるので、早く不快な症状を治すことができます。

コーヒーにはカフェインが入っており、利尿作用を促進させ脱水症状を悪化させる可能性があるので控えます。
脱水症状は最悪の場合、関節に耐え難い痛みをもたらす痛風を一時的に引き起こすことがあるので注意します。

緑茶はお酒を飲む前であったら二日酔い防止に適しています。
緑茶に含まれているカテキンはアルコールの吸収を抑制するので、分解するのに時間がかからず負担を軽減できます。