吐き気の原因

二日酔いはアルコール摂取過剰となり、アルコール分解能力を超えると、翌日に不快感や嘔吐感などの症状が出ます。

前夜にお酒を飲んでいる際には、アルコール摂取により脳や神経が麻痺しており、翌日にアルコールが抜けるも、ダメージが胃や肝臓に残り、吐き気や胃のむかつき、頭痛、ひどい症状となると悪寒や震えなどを引き起こすことがあります。

吐き気が起こる要因

二日酔いの症状は人により異なり、体質や代謝能力により症状の出方に違いがあります。
また、遺伝的にアルコール分解能力が高い人と低い人があります。
慢性的にアルコール摂取をしていることで、アルコール分解能力が高くなってくる人もいます。

アルコールそのものが直接症状を引き起こすわけではなく、アルコール摂取をすると、中間代謝物質であるアセトアルデヒドに分解され、結果として体外に排出されます。

現在の代謝能力を上回る量のお酒を飲んだとき、あるいは、体調が思わしくないときに十分にアルコールが分解できないとき、翌日までアルコールが残り、胃の粘膜を刺激すると胃酸過多となり、吐き気をもよおすことがあります。

吐き気を治す方法

二日酔いの症状でアルコールが胃に残り、吐き気をもよおすときに治す方法としてもっともよい方法は二日酔いに効く薬を飲むことです。

症状は時間とともに緩和しますので、即効性を求めるのであれば薬を服用し、仕事が休みの場合には体を休めることが良いでしょう。

水分を適度に補給し、3時間程度いつもの起床時間よりも遅くまで体を休めていれば、症状は緩和します。

代謝を高めるためには寝てばかりいてもいけませんので、起床後は適度に体を動かしましょう。

軽い運動や入浴にて汗をかくことは代謝が高まるため、症状が緩和しますが、アルコールが代謝される過程で尿により水分の排出が行われますので、汗をかいた後は必ず水分補給をしましょう。
水よりも緑茶やスポーツ飲料が良いです。

シジミの味噌汁が効果的

民間療法ではありますが、シジミの味噌汁を飲むと二日酔いに良いと言われています。

これは、根拠のないものではなく、シジミには必須アミノ酸が豊富に含まれるため、肝臓を修復してくれる効果期待でき、アミノ酸の一種であるオルニチンは、アルコール分解を助ける効果があり、さらにタウリンが解毒作用を活発とするため、相乗効果で吐き気などの症状を緩和します。

カルシウムや鉄分、亜鉛成分など多くのミネラル成分やビタミン成分が含まれているため、肝臓の修復を行い丈夫にします。