なぜ二日酔いになってしまうのか

お酒の席が楽しかったり、嫌なことを忘れたい時などはついついお酒を飲みすぎてしまいますよね。
翌日辛い思いをしないためには二日酔いになりやすい飲み方について知っておきましょう。


そもそも二日酔いがなぜ起こるのかというと、飲むアルコール量に肝臓の分解能力が追い付かないと体内でアセトアルデヒドという毒物が溜まるので、頭痛、だるさ、吐き気などの症状としてあらわれます。
二日酔いにならないために最も大切なのは、適量を守ることです。


原因としてよく言われるのが、一回の席でビール、ワイン、日本酒など複数のお酒を飲む、いわゆる「ちゃんぽん」ですが、ちゃんぽん自体が原因ではありません。
一種類のお酒ばかり飲み続けると飽きてしまいますが、別のお酒を飲むとまた美味しく飲めてしまうため、自然と飲むお酒の量が多くなってしまうからです。


相手にお酒をすすめられたら断れない、お酒を飲むペースは早い方だ、という人もついつい飲みすぎてしまう原因となるので、注意が必要です。


また、お酒の種類により含まれる不純物が二日酔いの原因となる場合もあります。
赤ワインやブランデーなど色が濃いものよりウォッカやジンなど無色に近いお酒の方が良いと言われています。


水分補給は大切

お酒を飲むと体内の水分が失われ脱水症状を起こします。
脱水症状は頭痛、吐き気、だるさの原因となります。


脱水症状になるとのどが渇いてますますお酒を飲んでしまうので、飲み会の前に水分補給をしておくようにしましょう。
最初の一杯を美味しく飲むためにわざと水分をとらない人もいますが、これはとても危険な習慣です。


飲み会の最中は、お酒を1杯飲んだら、同じ量の水を飲むようにすると脱水症状を抑えることができます。
ウィスキーや焼酎などは水割りで飲むようにして、ストレートで飲むのはなるべく控えましょう。


お酒を飲んだ後は、できるだけ水分補給してから眠るようにしましょう。
脱水状態で寝てしまうと血液の中の水分も当然減っており、血液ドロドロの状態です。「トイレが近くなるから」と言って飲まないのは危険です。


食事と一緒に飲むのが鉄則

さらに、空腹の状態でお酒を飲むと酔いが早くなるのもよく知られていることです。
事前に消化に時間のかかるたんぱく質を含む乳製品をとるとアルコールの吸収をスローダウンさせてくれます。


早く酔いたいからとわざと空腹のまま飲み続けたり、おつまみや料理がなくても平気で飲める、という人は翌日辛い思いをする可能性が高くなります。



二日酔いになりやすい飲み方を続けていると、肝臓が悲鳴を上げてアルコール性肝炎やアルコール性肝硬変などの病気につながる可能性があります。
自分のお酒との付き合い方を見直して賢くお酒と付き合いましょう。